フィッシングメール来たー!!

この記事は最終更新日から10年以上経過しています。
内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

約1年前からGmailを使っているのだが、そこにフィッシングメールが来た。今までスパムも数通しか来たことなかったんだけど。

Gmail側ではフィッシングと判定してくれなかったので、とりあえず「フィッシングとして報告」をぽちっとな。

アメリカの連邦信用組合を騙っているようだ。内容は「サービスがリニューアルするから、アカウント情報を再度入れろ」とかなんとか。

よくあるタイプのフィッシングですね。それ以前に英文のメールじゃ、日本人の自分にはバレバレだ。誘導してるURLもSSLじゃないんで、これだけでも十分黒。

せっかくなので、イロイロ調べてみることにした。

まずは…ズバリ詐欺サイトを訪問してみました(爆)

突撃隣のフィッシングサイト

うむ、さすがはFirefox。「詐欺サイトの可能性がある」と警告してきた。優秀優秀。

メールの送信元のIPを調べてみると、一応ブラックリスト入りになっていた。

送信元IPチェック

ちなみにフィッシングに騙られている側の、本物の連邦信用組合のページを見ると。

本物のサイト

トップにどーんと「フィッシングメールに注意して!」とありました。

皆さんも気をつけましょうねっ☆