IE6 No More

この記事は最終更新日から8年以上経過しています。
内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

こんな運動があるそうだ。

「IE6はWebの開発、Webの現状にとって時代遅れで邪魔な存在なので、使うのやめよう!」という運動。

建前を言うのなら、やむにやまれぬ事情でIE6以外のブラウザに乗り換えられない人もいるのだから、企業が堂々とこう言うことやるのはどうなのかな、と思う。
誰もが最新のパソコンや、自分専用のパソコンを持ってるワケじゃない。

しかし、仕事と趣味、両方でHTMLをいじっている身から本音を言わせてもらうと……大賛成である。

Webページ完成までにかかる時間のうち、半分以上はIE6のバグつぶしに費やされている気がする。
「IE6さえいなければ……」と何度思ってしまったことか。
本業でWebデザインをしてるわけではない自分がこうなのだから、仕事でやってる人にとっては、IE6への恨みは相当なものじゃないだろうか。

時間が経てばIE6が消えていくのは間違いないのだが、少しでもその時期を早めたいと願わずにはいられない、仕事の締め切りに追われる2009年の8月だった。