WindowsVista:設定したIPアドレス・ゲートウェイが再起動すると元に戻っている

この記事は最終更新日から7年以上経過しています。
内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

WindowsVistaを固定IPでネットワークにつないでいる場合、新しいIPアドレスやゲートウェイを設定したのに、再起動したりスリープから復帰すると、以前のものに戻ってしまうという現象。

IP、サブネットマスク、ゲートウェイ全部が元に戻ってしまう場合と、ゲートウェイだけが空白になってしまう場合がある。

原因はどうやらSP2のバグであるらしい。

以下に解決方法をまとめてみる。

ネットワーク設定のリセット

TCP/IPをリセット、つまり初期状態に戻したのち、、もう一度IP等を設定し直してみる。
リセットするには、以下のサイトを参照。

普通は「FixItで解決する」をやっておけばいいはず。
手動でやる方法もあるので、その場合は「自分で解決する」の項目を参照。

この後再起動すると、IP、サブネット、ゲートウェイの設定が空っぽになっているはずなので、もう一度設定し直す。

ゲートウェイだけが空白になる

リセットして設定し直してもゲートウェイだけが真っ白、という場合は以下の手順で。
レジストリをいじるので、作業を行う際は手順に間違いがないよう注意を。

  1. レジストリエディタで以下のキーを開く。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\
  2. Interfaces キーの下に{}で囲まれたよくわからない字(GUID)がいっぱい出るが、これを片っ端から開き、右側に「DefaultGateway」というエントリがある箇所を探す。
    vista_ip_r
  3. 「DefaultGateway」をダブルクリックで開き、以下のように1行目に空白行があれば、その1行を削除。
    vista_gwvanish.png
  4. レジストリエディタを終了し、パソコンを再起動。

参考にしたページ