Photoshop : Ortonエフェクト

この記事は最終更新日から6年以上経過しています。
内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

オンライン画像レタッチサービスpicnikで使えるエフェクトに「Orton-ish」というのがある。ちょっと幻想的な仕上がりにしてくれるのでお気に入り。

Ortonさんという人が考案した方法であるらしい。これをPhotoshopでもできないかと思って調べてみた。

以下のサイトで手順を解説していたので、やり方を再現してみる。 すごく簡単。

手順

  1. 画像を開く。
    画像を開く
  2. 背景レイヤーを複製(「レイヤー」メニュー→「レイヤーを複製」)し、名前を「シャープ」とする。
    背景レイヤーを複製
  3. 「シャープ」レイヤーをさらに複製。「シャープのコピー」というレイヤーができる。
    レイヤーをさらに複製
  4. 「シャープのコピー」レイヤーの合成モードを「スクリーン」にする。
    合成モードの変更
  5. 「シャープのコピー」レイヤーを、下のレイヤーと結合。(「レイヤー」メニューから「下のレイヤーと結合」)
    明るい感じの「シャープ」というレイヤーができる。
    下のレイヤーと結合
  6. 「シャープ」レイヤーを複製して、名前を「ぼけ」にする。
    レイヤーの名前を変更
  7. 「ぼけ」レイヤーの合成モードを「乗算」に。
    合成モードを乗算に
  8. 「ぼけ」レイヤーに、「フィルタ」メニューから「ぼかし」→「ぼかし(ガウス)」。
    ガウスぼかしを選択
  9. プレビューを見ながら、いい感じにぼやっとするように「半径」の値をいじる。
    あまりディテールが飛びすぎないように。
    ガウスぼかしの適用

とりあえずコレで完成。
写真のデキにあわせて、「ぼけ」レイヤーの不透明度を変えたり、「シャープ」レイヤーの「明るさ・コントラスト」やレベル補正をして調整する。

結果

元の写真

元の写真

適用後

Ortonエフェクト適用後の写真

今回の場合、上記の手順だけではちょっと暗かったので、最後に「シャープ」レイヤーを少し明るく調整した。
(「イメージ」メニュー→「色調補正」→「明るさ・コントラスト」で明るさの値を上げた)

写真だけでなくイラストにも効果アリ。水彩風の塗りだといい感じになるようだ。

Before:
kyon_before

After:
kyon_after