Windows10:共有サーバに接続できない

Windows10で、共有サーバ(ネットワークドライブ、SMBサーバ)に繋がらないトラブルについて。
前にも似たような状況に遭遇したなあ……あのときはWindows7だったが。

この「共有サーバに繋がらない」というトラブルについては、ちょっとググっただけでも大量のページがヒットし、原因や解決方法も様々で、該当する方法を見つけるだけでも一苦労なのである。

状況

  • 問題が発生したPCは Windows10 バージョン1903。
  • サーバーのIPに対してpingは通る。
  • コマンドプロンプトで、net view \\サーバのIP と入れると、システムエラー 53 が発生しました。ネットワークパスが見つかりません。というエラーになる。
  • 同じくコマンドプロンプトで、dir \\サーバのIP\ディレクトリ名 と入れると、組織のセキュリティポリシーによって非認証のゲストアクセスがブロックされているためこの共有フォルダーにアクセスできません。これらのポリシーは、ネットワーク上の安全でないデバイスや悪意のあるデバイスからPCを保護するのに役立ちます。というエラーになる。

解決方法

今回の場合は以下の2つを行うことで解決した。
ただし、同じWindows10バージョン1903のマシンでも、以下の設定がいずれも無効になっているにも関わらず、同じ共有サーバに問題なく接続できているものも複数存在することを確認している
根本的な原因は、以下の2つとは別にあるような気がする。

1. 安全でないゲストログオンを有効にする

  1. キーボードの WindowsR を同時に押すと、「ファイル名を指定して実行」ウインドウが開くので、gpedit.msc と入れてEnter。
  2. 「ローカルグループポリシーエディター」というウインドウが開く。
    [コンピューターの構成]→[管理用テンプレート]→[ネットワーク]→[Lanman ワークステーション]→[安全でないゲストログオンを有効にする]をダブルクリックで開く。
  3. [有効]を選び、[OK]を押して閉じる。
  4. Windowsを再起動して、接続できるか試す。
    接続できなかったら、以下の2番の設定も行う。

2. 「SMB 1.0/CIFS ファイル共有サポート」を有効にする

  1. キーボードの WindowsR を同時に押すと、「ファイル名を指定して実行」ウインドウが開くので、OptionalFeatures.exe と入れてEnter。
  2. 「Windowsの機能」というウインドウが開くので、 [SMB 1.0/CIFS ファイル共有のサポート] にチェックを入れて、OKを押して閉じる。
  3. Windowsを再起動する。

参考にしたサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました