Adobe Bridge

この記事は最終更新日から7年以上経過しています。
内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

昨年から仕事(?)でPhotoshopファイルを大量に扱うことが多くなった。
今まで画像の管理はLinarに PSDプラグインを入れてやっていたが、PSDファイルは読み込みが遅い。CMYKモードに対応してないらしく、色がおかしくなるのもネックだった。

が。
先日Photoshopをいじっているとき、間違ってこのアイコンをクリックしてしまった。
謎のアイコン

そしたら「Adobe Bridge」というアプリが起動した。どうも画像ビューワー(ファイラー?)らしい。
そのまま少しいじってみて驚愕。

Adobe製だけあって、PSDファイルの読み込みが速い!PDF、イラレ(.ai)はもちろんEPS、SVGまで見事に表示。 当然CMYKの色も化けない。
複数選択すると並べて見れるのが良い!

複数ファイルを「スタック」という形式でまとめておけるのがいい。ラフ→ペン入れ→ 色塗りみたいにファイルを分けることがあるのだが、これをひとまとまりで管理できる。

スタック

コンパクトモードで小さくしておけるので、作業しながら別の画像をブラウズするとき邪魔にならずにちょうどいい。

コンパクトモード

……………………なんで今まで存在に気づかなかったんだ。CS3使い始めて何年だよ……。

……思い当たるフシはある。
かなり前のバージョンのPSで、この位置にあったアイコンには簡易ファイルビューワみたいなのが付いてたと思う。そのときはすごい使いにくくて、ずっと使わずにいた。その記憶のせいで、この位置にあるアイコンは、無意識のうちに無視してたんだ、と、思う……。